会長挨拶

 /

  長野俊英高等学校は昭和35年に篠ノ井旭高等学校として設立された                           
高校であります。
50周年が過ぎ施設も整い環境もよく学力を高めるのには最高の学校と
思われます。
現在、同窓会員も10,000人を越え社会に出て活躍中であります。
自分の力をもっと伸ばしたいと思っている諸君、本校に入学を
希望してください。
きっと明るい未来が生まれるはずです。
本校には素晴らしい先生が揃っており皆さんと共に歩んでゆくことと思います。
本校へ入学してくる皆さんを心より歓迎いたします。

ページトップへ戻る



同窓会役員

                                                                          (敬称省略)

顧    問 窪田 英一 (篠ノ井学園理事長)
窪田 善雄 (長野俊英高等学校校長)
会    長 林  昭宣
副   会   長 小市 勝巳
常任幹事 徳永 慶子
宮野 悟
監    事 西澤 雄二郎
坂本 甲儀
会    計 色部 寿弥
常任幹事(定員外) 本校卒業生職員(2名)

ページトップへ戻る



長野俊英高等学校 同窓会会則

  • 第一章 総  則
  •       第 1条  本会は長野俊英高等学校同窓会と称し事務局を長野俊英高等学校内に置く。
  •       第 2条  本会は会員相互の旧情を温め教養と文化の向上を高めると共に母校の健全なる発展に協力することを目的とする。
  •       第 3条  本会は長野俊英高等学校の卒業生及び本校に関係あるものを以って組織する。
  •       第 4条  本会は本校の職員及び職員であった者を以って客員とする。
  •       第 5条  本会は本会の目的を達成するための下記の事業を行う。
  •              1. 総会を開くこと
  •              2. 会員の修養に関する会合を開くこと
  •              3. 会報、会誌及び会員名簿の発行
  •              4. 母校の教育活動の振興に資すること
  •              5. その他 必要と認めたこと
  •       第 6条  本会は本会の事業を遂行するため下記の役員を置き会務を分掌する。
  •              顧   問 …… 長野俊英高等学校校長及び篠ノ井学園理事長を推戴する。
  •              名誉会長 …… 本会会長であったものは名誉会長に推戴することができる。
  •              会   長 …… 会員中より選出し会務を総理する。
  •              副  会  長 …… 2名 会員中より選び会長を補佐し会長が事故ある時はこれに代わる。
  •              理   事 …… 若干名 客員中より会長が委嘱し会務に参画する。
  •              幹   事 …… 卒業年度毎に代表幹事 2名ずつ選出し幹事会に於いて重要会務に関しこれを処理する。
  •              常任幹事 …… 若干名 幹事間にて互選し常任幹事会において総会を開く余裕のないときは
  •                         総会に代わって会務の決議をし、これを総会に報告する。
  •              書   記 …… 2名 会員中より選出し、全ての会合及び会の活動を記録し会合の通知を発送する等、庶務一切を担当
  •                         する。
  •              会   計 …… 2名 会長が委嘱し資金の収支を処理記帳し、これを総会に報告し承認を得る。
  •              監   事 …… 2名 会員中より選出し会計を監査する。
  •       第 7条  本会役員の任期は2ヶ年とし総会の際、回線を行う。
  •       第 8条  本会は毎年1回総会を開き下記の事項を行う。但し必要な場合は臨時総会を開くことができる。
  •              総会は、都合により幹事会を以ってこれに代えることができる。
  •              1. 前年度の事業報告
  •              2. 前年度の決算報告
  •              3. 本年度の予算及び事業計画
  •              4. 役員選出
  •              5. 規約改正に関すること
  •              6. その他 重要なこと
  •       第 9条  本会は必要に応じ幹事会を開き下記の事項を審議する。
  •              1. 予算決済及び事業計画に関すること
  •              2. 予算外支出及び規約改正に関すること
  •              3. その他重要なこと
  •       第10条  本会の経費は入会金・年会費及びその他の収入で支弁する。
  •              入会金は長野俊英高等学校に入学の際に納入するものとする。
  •              在校生は入会金を納入した時から準会員とする。
  •       第11条  本会に関する会計事務の取扱い方に関しては、長野俊英高等学校会計規則を準用する。
  •       第12条  会計年度は 4月に始まり翌年 3月までとする。
  •       第13条  本会員が改姓、又は転居の際は必ず本会に通知すこと。
  •       第14条  本規約を改正する必要がある時は幹事会の審議を経て総会に附し出席会員の3分の2以上の
  •              賛成を以って決議する。
  •       第12条  会計年度は 4月に始まり翌年 3月までとする。
  • 附       則
  •       第 1条  本会員にして母校職員であるものは選挙によらず、定員外常任幹事とするものとする。
  •       第 2条  本会員にして母校職員であるものは下記の任務を分担する。
  •              1. 会務企画
  •                 イ. 事業計画及び予算立案
  •                 ロ. 常任幹事会及び幹事会の開催
  •                 ハ. 顧問及び会長との連絡
  •                 ニ. 総会の開催
  •              2. 通信連絡、名簿、その他の作成及び改正
  •                 イ. 諸通知の発送及び収受文書の整理
  •                 ロ. 会合及び会の活動記録
  •                 ハ. 名簿作成及び改姓、移動の修正、その他の作成
  •              3. 会計
  •                 イ. 会計の収支処理、記帳、その他会計事務一般
  •       第 3条  役員及び客員の慶弔については常任幹事会で協議の上 決める。

ページトップへ戻る