コース紹介

大進クラス

大進クラス

私たちといっしょに未来をめざそう!共に“夢”の実現をめざして

長野俊英高校に校名を変更以来、センター試験を受けて、国公立をはじめ、大学への進学をめざす生徒が増加傾向にあります。そこで、平成17年度入学生から「大進(大学 進学対応)クラス」を新設し、「進路保障」のさらなる充実を図っています。

大進クラスとは、文字通り大学進学を目指す生徒たちのクラスです。クラスが少人数であるだけでなく、教室が進路指導室に近く、カリキュラム、教科書、放課後進学補習など、全てにおいて大学入試に対応しています。さらに、週に3日間、始業前の朝講座があります。1日目は数学、2日目は英語、3日目は国語となっていて、それぞれの講座が大学入試に対応しているので、大学進学を考えている人は是非受講することをおすすめします。

夏休み中には学習合宿があります。日常を離れ、リラックスした雰囲気の中で学習に励みます。また、同じ目標に向かう仲間や先輩との学習は、集中力を高めてくれます。

希望の大学へ進学するのは簡単ではありません。3年生になってから始めるのでは遅いので、1年生のうちからしっかり勉強していきましょう。

柴本 宰さん

飛躍、魅力、着実に

新しい仲間ができ、優しい先輩たちや、いつも生徒のことを一人ひとり考えてくれる先生方に支えられて、充実した高校生活を送れています。私は中学校の時は、勉強嫌い でしたが、この学校に入学したときにできた友だちはとても勉強意欲のある人ばかりでした。私も見習って勉強を続けると大学進学への学力が着実についてきたような気がし ます。友達にも教えたりすることができるようになりました。俊英の先生方は、わからないところがあれば放課後を使って勉強を丁寧に教えてくれます。この学校には他校に はない魅力がたくさんあります。これからも日々、いろんなことを学習して一日一日を大切にしていきたいです。

清水 良平くん

楽しい高校生活

4月に入学してから、もう半年という月日が過ぎました。素敵な友達がたくさんできて、毎日学校に行くのがとても楽しみです。部活は、中学に引き続き吹奏楽部に入部し、日々練習に励んでます。
楽器を教えて下さったりと、先輩方にはいろいろな面でお世話になりすごく尊敬しています。六校合同 で出場した夏の吹奏楽コンクールでは県大会を勝ち進み、東海大会で最優秀賞という名誉ある賞をいただきました。

この半年でたくさんの思い出ができました。どれも素敵なものばかりです。これからも一日一日を大切に、充実した3年間を過ごしたいと思います。

津田 窓花さん

「体得語学」「体得数理」

しっかりした学力を身につけ目標大学をめざす

AO入試をはじめ入試形態の多様化や、大学が求める生徒像が変化する中で、しっかりした学力を身につけるために、「アクティブ語学」「アクティブ数理」の学校独自科 目を設置するとともに、他の授業も同じ方針で取り組んでいます。

また、3月には予習、授業、復習などを具体的にどのようにすればいいのかを学ぶ「オリエンテーション授業」を。そして8月には涼しい高原での「学習合宿」などを行う 中で、幅広い知識と学習方法の取得をめざします。

学習や高校生活に取り組む姿勢を重視します

本校の「大進クラス」は、中学校の成績や入学試験の成績が一定以上の生徒を画一的に入級させることはしません。なぜなら、国公立大学や難関と言われる私立大学へ合格 するためには、本人の強い意志と、受身ではなく自ら進んで学習する姿勢が重要と考えるからです。

したがって、入級に際しては、学力の定着度合いと共に、希望や意欲、そして学習や高校生活に取り組む姿勢を重視して決定しています。

体得語学・体得数理

体得語学では、音読・暗誦・歌などを通じて、生きた国語・英語を習得する方法を学びます。また、文章を正しく読み(聞き)取る力や的確に表現する力の養成に力 を入れ、コミュニケーション力の土台を作ります。

体得数理では、例えば1 当たりの空気が何gかを実測したり、校庭を自分の歩幅で計測したりという体験を通して、自分の身体や脳に土台となる数量を刻み込みま す。それらが体得されていないと理科や社会の学習もはかどりません。科学的思考も身につきません。活性化脳を作ることをめざした科目です。

自分の目標に併せたカリキュラム例

センター試験にも対応できるカリキュラム。文系でも、理系でも、自分の得意とする科目を選択することが可能

国公立をはじめとした大学入試に対応する網羅的なカリキュラム。
3年次には、特に力を入れたい科目を伸ばすことも可能。